親しい友人から借金を相談されたとき

頬杖をついて悩んでいる女性親しい友人から借金関係の相談があったら、どうするべきでしょう。
特にお金を貸して欲しいという相談の場合、どういった対応をとるのがベストなのでしょうか。

そういった場合には、とりあえずは話を良く聞いてあげるのが良いでしょう。
ただし、あくまでもどういう状況なのかを確認するために話を聞くことが大切です。
間違ってもいきなりお金を貸すかどうかを判断するのは避けましょう。
安易なお金の貸し借りはお互いのために良くありません。

お金を貸すことが必ずしも悪いとは言い切れませんが、お金を貸すことがその人の助けになるとは言えないのです。
たとえ友人がお金を貸して欲しいと必死に頼み込んできたり、窮乏をうったえてきたとしても、その場限りの同情や友人を失いたくないとの考えから貸してあげようかなどと考えるのはいけません。

とにかく、とりあえずは話を良く聞いてみて、浪費してお金が足りないと言うのであれば、家計を見直したり倹約の方法をアドバイスしたりするのが良いでしょう。
そして、そういうレベルのアドバイスでは手に負えない事態であれば、借金問題の専門家への相談を勧めた方が良いです。

借金が重なって素人にはどうしたら良いかわからない状態でも、専門家のアドバイスに従って債務整理を行うなどすればなんとかなるケースがほとんどです。
本当にどうしようもなくなる前に、とにかく解決に向けて手を打つことが大切です。
友人の力になりたい気持ちがあれば、あなた自身も消費者金融や債務整理に関する情報を集めてみてはどうでしょうか。
借金の整理や相談先について知っていることがあれば、伝えてあげましょう。
友人への助けは決してお金を貸してあげることだけではないのです。