多重債務になる原因は何か

髪の毛をグシャグシャにする女性多重債務に陥ってしまうのは何が原因なのでしょうか。

多重債務は、返済能力をオーバーして無理に貸し付ける金融業者が悪いという考えもあります。
確かにそれも一理ありますが、それでも利用者が借り入れをしなければ多重債務になることも無いわけで、利用者に責任が無いとは言えません。

結局のところは、買い物やギャンブルを続ける内に金銭感覚がおかしくなり、無計画に自分の経済力以上のクレジットやキャッシングを乱用したというケースが多いようです。
金銭感覚がおかしくなった上に後先が考えられなくなり、返済をどうするのかをきちんと考えないまま借り続けてしまうのです。

買い物やギャンブルにハマってしまうのは、ストレスも原因のひとつです。
ストレスからギャンブルに夢中になったり買い物を大量にしている内に、感覚が麻痺してしまうのです。

またギャンブルは負けが続いてくると逆に一発逆転の大当たりを狙うようになって余計にハマり込んでしまい、止めるに止められなくなってしまうケースが非常に多いです。
一度でもギャンブルに勝って大金を手にしてしまうと、その興奮を忘れられなくなるというのは有名です。

そうしているうちにギャンブル依存症となり、自分の意志では到底抜け出せなくなるのです。
ちょっとの暇つぶしにたまたまパチンコ店で幸か不幸か勝ってしまったのを機に、最近ではパチンコにはまる主婦も増えているようです。

こうした状態になった場合にどのくらいから多重債務と言えるかは個人の状況により異なります。
借金の額が多くても返済能力があって毎月返せており元金が減っていっているのなら問題はありません。

しかしもし借金の返済が追いつかずに、別の金融業者から借金をして返済に充てている自転車操業状態であれば、それは多重債務と言えます。
金融業者ではなく身内や知り合いから借りているという場合でも根本的な問題は一緒です。
返済のために新たな借金を重ねる状況に陥っていても、意外と自分では多重債務状態にあるとは認められないものです。
ですが、返済が間に合わない状況になったら、きちんとその状況を受け止め、多重債務者として専門家に相談するなり対策を取りましょう。