債務整理の種類について

人差し指を立てている女性全身
「債務整理」というのは法律に則った手続きで借金を整理することです。
その種類には「自己破産」「個人民事再生」「任意整理」などがあります。

「自己破産」は借金を法律的にゼロにすることで、債権者の取り立てはなくなり債務者の生活を再建させます。
マイホームなど高価な財産は処分されますが、ある程度は手元に残るので全財産を取られるわけではありません。

「個人民事再生」は借金の額を大幅に減額して基本的に3年間で完済させます。
マイホームなどの財産を処分されたりはありません。

「任意整理」は利息制限法で定められた上限まで利息を減らして再計算した額を基本的に3年間で完済させます。
この内のどれを行うのが良いかは、ケースバイケースで一概には言えません。

自己破産の場合には、基本的に全ての借金が免除されます。
そのため借金が膨れあがってどうしようも無くなっている場合、金銭的にはいちばん有利になります。
債務者の今後の生活再建のためには大きなメリットと言えるでしょう。

そのため、債務整理の場合にはまずは自己破産を念頭におき、デメリットが大きいようであればそれ以外を考えるという流れになることが多いようです。

自己破産のためには、その人の収入状況や財産と借金総額から、借金を返すことが無理(支払不能)であると認められなければなりません。
支払不能と認められるかは、各自の状況により判断されます。
借金の額については決まった基準はありません。

ひとつの基準として、所得のうちその人の自由に使える分である可処分所得から借金を返せるかどうかを判断します。