債務整理を依頼する弁護士選びの決め手

OKポーズする女性

債務整理を弁護士に相談しようと思った場合、できる限り良い条件にまとめてくれる人にお願いしたいですよね。
依頼する分野によっては、弁護士の能力次第で結果が大きく違ってくることがあります。
逆にどの弁護士でもさほど変わらない分野もあります。

大体の場合、弁護士の能力はその分野における経験がどのくらいあるかで決まります。
経験の少ない弁護士は一般的にはあまり頼りになりません。
さらに、仕事への姿勢も大切です。
たとえ経験豊富であってもきちんと顧客と向き合わない弁護士では不安があります。
顧客の立場に立って親身に力になってくれる弁護士を選びたいものです。

債務整理の手続きは、裁判所を通して行われるものと、裁判所を利用しないものとがあります。
「自己破産」や「民事再生」の場合は裁判所に申し立てを行い、「任意整理」では裁判所は利用しません。

「自己破産」や「民事再生」では、手続きは裁判所の指導のもとで行われます。
そのためこれらの場合、それなりに経験のある弁護士であれば結果に差はほとんどつかないと言えます。
よって、これらのケースでは弁護士選びの決め手となるのは価格でしょう。
明確な価格を示さなかったり、料金にあいまいなところのある弁護士事務所は避けるべきです。
また価格の安い事務所でも、態度がいい加減であったり、対応が遅すぎるという場合はやめておきましょう。
自己破産などの書類作成においては事務の処理スピードも重要となるため、事務局の対応が遅いところは信頼すべきではありません。

「任意整理」の場合は裁判所を通さないため、弁護士の能力が結果に大きく関わってきます。
任意整理は弁護士が手を抜こうと思えば手を抜ける分野と言えます。
なので、その弁護士が債務整理にあたってどのように仕事を進めるかはきちんと確かめておくべきです。
利息制限法の計算や過払い金の回収などをきっちりと行っているか、利息を将来においても減少できるようにしてくれるか、などの点をよく確かめましょう。