「自己破産」の流れについて

資料を持った女性多重債務でどうしようもない、どうやっても借金を返済できないとなったら、最後の手段として「自己破産」という方法があります。

自己破産をすれば借金がすべて無くなるので、多重債務の苦しみから解放されます。

ただしデメリットもあるので、よく考えてから踏み切りましょう。
なお、自己破産の手続きを開始しただけで債務が無くなるわけではなく、免責の手続きを行わなければなりません。

自己破産をするには、まずは住んでいるところの管轄の地方裁判所に書類を提出し申し立てを行います。
そして破産手続きを始める裁判を受けます。
これは以前は破産宣告と呼ばれていましたが、今は破産手続開始決定と言います。
破産手続きにより全財産をお金にかえて、各債権者に分配して精算します。
これで精算しきれずに残った債務は、免責の許可がおりれば支払う必要は無くなります。

このようにして自己破産では債務をすべて整理します。
自己破産は金銭面からみればメリットの大きいものです。

ただし破産者となると企業の役員になれなかったり、破産手続開始後は弁護士や司法書士、税理士などの資格を失います。
この制限を受ける職業の範囲は意外と広いため、注意が必要です。
ですが、債務を完済するか免責決定により復権すれば制限はなくなり、資格職業にもまた就くことができます。
そのため職業面でのデメリットはさほどのものではありません。
また数年間借り入れやクレジットカードの利用ができなくなったり、官報に住所氏名が載ったりします。

こうしたデメリットを踏まえても、自己破産のメリットの方が大きい場合は、手続きを行います。
手続きは弁護士や司法書士といった法律の専門家に依頼するのがおすすめです。
ただし債務整理には他にも方法がありますし、本当に自己破産をするべきなのかを専門家とも相談しよく検討してから踏み切りましょう。