多重債務になる原因は何か

髪の毛をグシャグシャにする女性多重債務に陥ってしまうのは何が原因なのでしょうか。

多重債務は、返済能力をオーバーして無理に貸し付ける金融業者が悪いという考えもあります。
確かにそれも一理ありますが、それでも利用者が借り入れをしなければ多重債務になることも無いわけで、利用者に責任が無いとは言えません。

結局のところは、買い物やギャンブルを続ける内に金銭感覚がおかしくなり、無計画に自分の経済力以上のクレジットやキャッシングを乱用したというケースが多いようです。
金銭感覚がおかしくなった上に後先が考えられなくなり、返済をどうするのかをきちんと考えないまま借り続けてしまうのです。

買い物やギャンブルにハマってしまうのは、ストレスも原因のひとつです。
ストレスからギャンブルに夢中になったり買い物を大量にしている内に、感覚が麻痺してしまうのです。

またギャンブルは負けが続いてくると逆に一発逆転の大当たりを狙うようになって余計にハマり込んでしまい、止めるに止められなくなってしまうケースが非常に多いです。
一度でもギャンブルに勝って大金を手にしてしまうと、その興奮を忘れられなくなるというのは有名です。

そうしているうちにギャンブル依存症となり、自分の意志では到底抜け出せなくなるのです。
ちょっとの暇つぶしにたまたまパチンコ店で幸か不幸か勝ってしまったのを機に、最近ではパチンコにはまる主婦も増えているようです。

こうした状態になった場合にどのくらいから多重債務と言えるかは個人の状況により異なります。
借金の額が多くても返済能力があって毎月返せており元金が減っていっているのなら問題はありません。

しかしもし借金の返済が追いつかずに、別の金融業者から借金をして返済に充てている自転車操業状態であれば、それは多重債務と言えます。
金融業者ではなく身内や知り合いから借りているという場合でも根本的な問題は一緒です。
返済のために新たな借金を重ねる状況に陥っていても、意外と自分では多重債務状態にあるとは認められないものです。
ですが、返済が間に合わない状況になったら、きちんとその状況を受け止め、多重債務者として専門家に相談するなり対策を取りましょう。

続きを読む

多重債務者を食い物にする悪徳業者

体育座りしてる女性あちこちから借金を重ねる多重債務に苦しむ人は少なくありません。
多重債務状態に陥ると、普通の消費者金融などからは借入れはできなくなります。
そんな状況につけこみ、窮地を救うかのように甘い言葉をかけ、悪徳業者は多重債務者に近づいてきます。
その種類は「紹介屋」「整理屋」「買取屋」などがあります。

紹介屋は他の金融業者では断られた人でも融資可能という広告で債務者を誘います。
そして自分たちでは融資はせず、別の審査が甘めの業者を紹介して、高額の紹介料を取るのです。
最初から他社を紹介するとは言わず自社で融資が可能かのように謳っているために、紹介屋と気付かず引っかかる人が少なくありません。

整理屋は債務整理をすると持ちかけて多額の手数料を取ったり、代わりに返済すると言ってお金をだまし取ったりします。
料金を受け取りながら実際には何もしないか、ずさんな整理で事態を悪化させてしまいます。
詐欺グループがからんでいたりすると、弁護士事務所を装ったり手口が巧妙なこともあります。

買取屋はチラシなどでショッピング枠を現金化と謳って債務者を誘います。
これはクレジットカードのショッピング利用限度額まで家電製品やブランド品、金券など換金しやすい物を買わせてそれを買取屋が現金で買い取るという仕組みです。
品物は安値で買いたたかれ、買取屋はそれを転売して利益を得ます。
一時的に現金は手にできますが、クレジットカードの負債が増えてしまい、多重債務状態が悪化するだけです。

また、中には世間一般では何の価値もないような偽物の宝石を高額で購入させ、「買取り業者でその宝石を売ればお金になる」と持ちかける例もあります。いずれにせよ、この買取屋が行うクレジットカードの現金化は一時的にブームにもなったことからも、消費者庁も注意喚起を促したほどです。

このような悪徳業者に引っかからないためにも、多重債務に陥ることを回避しましょう。
クレジットカードやローンの使い過ぎは多重債務の入口です。
あくまでも計画的に利用し、確実に返済できる額のみを借り、返済は短期間に済ませます。
そして返済が難しい事態になったら、信頼できる専門家に相談することが大事です。

続きを読む

「多重債務者」となるきっかけ

ノートを見て考えている女性あちこちの業者から借金を重ねて苦しむ「多重債務者」には、何がきっかけでなってしまうのでしょうか。
誰も最初から自分が多重債務に陥るとは考えていなかったはずです。

最初のきっかけは、有名なところだし大丈夫だろうと大手の消費者金融でキャッシングを利用するといったことが多いです。
そしてキャッシングの便利さに味をしめ、使いすぎて返すのが苦しくなると他社から借り入れるなどして、どんどん借入先が増えていきます。
4~5ヶ所から借りる頃には借り入れ金額も多額になり、やがて大手の消費者金融ではそれ以上借りられなくなります。
そして今度は知名度の低い消費者金融で借金を重ねたりしている内にどこも貸してくれなくなり、もはやヤミ金融しか借り先が無いという事態に陥ってしまいます。
この状況では、自己破産などの債務整理を行うしかありません。

このような多重債務となったのは、もちろん収入以上にお金を使ってしまい安易に借金に頼ったことが一番の原因です。
ですが、どうしてもお金が足りないときに最初に大手の消費者金融を利用したのも誤りだとも言えます。

というのも、先に消費者金融で借りてしまうと、銀行やクレジットカード会社の審査に通りにくくなってしまうのです。
基本的に銀行は審査は厳しく金利は安く、中間がクレジットカード会社、そして消費者金融は審査が甘めで金利は高い傾向があります。
そのため、まずは金利の安い銀行のローンからあたって行く方が良いのです。

借入れの際には金利はとても重要で、1%違うだけで支払総額は大きく変わります。
しかし金利を良く比較せずに、消費者金融の知名度だけで安心してキャッシングを利用する人は少なくありません。
どこもそんなに変わらないだろうとか、ある程度高いのは当たり前だからと確認を怠ってしまうのです。
大手だから金利が安いということはありません。

取り立てに関しては、大手消費者金融の場合は銀行のグループ企業になっているので、法律で定められた範囲でしか取立てはできませんが、ヤミ金から借りてしまった場合には、法を無視した恐怖を感じるような取立てが待っています。

どうしても借り入れをするときは、業者の知名度だけでなく金利を良く確認し、いつまでにどれだけの金額が必要なのか?というポイントによって、借入先の特徴を理解した上で計画的に利用することが何よりも大切です。

続きを読む

クレジットカードでの多重債務に陥らない為に

クレジットカードの使いすぎによる多重債務や自己破産の問題はひところにくらべて落ち着いたのでは?と思われるかもしれませんが、まだまだ苦しんでいる人はいます。

実店舗だけではなくネットショッピングをする際にもカードが使えるようになり、クレジットカードは今や無くてはならないものですが、使い方には十分な注意が必要です。
むやみに使ってカード多重債務に陥らないように、くれぐれも計画的な利用を心がけましょう。
多重債務を回避するのに大切なポイントは以下のとおりです。

  • クレジットカードの枚数は管理しきれる数にとどめましょう。3枚以内がおすすめです。
  • カード会員規約は目を通しておき、契約について良く確認しておきましょう。
  • カードでの買い物は最低限にしておきましょう。
  • カードで買い物をしたときには利用金額と支払い予定日を必ず確認し控えておきましょう。
  • カードの管理は厳重にしておき、紛失や盗難時の場合の連絡先は把握しておきましょう。
  • カードのキャッシングは極力使わないようにしましょう。
  • 分割払いやリボ払いの手数料、キャッシングの利息、遅延損害金などについて確認しておきましょう。
  • カードの返済に困ったからと新しくカードを作るようなことはしてはいけません。
  • カードのトラブルについて相談のできる機関をあらかじめ確認しておきましょう。
  • 他人にカードを貸すことは絶対にいけません。

クレジットカードで買い物をするのは、利用者の信用情報を担保としてカード会社に代金を立て替えてもらう仕組みで、実質的に借金と似たような物です。
キャッシングも申込者の信用力を担保としてお金を貸し出す仕組みで、同じ消費者信用産業として成り立っていることを考えても、カード決済は借金と似ていることがわかります。

この借金という感覚が無いままにカードを利用することは非常に危険です。
利用の際には、どうしてもクレジットカードを使わなければならないか、利用金額に問題は無いかをよく考えてから使うことが大切です。

続きを読む

キャッシングの危険性を正しく認識できていますか?

キャッシングは無計画な利用は禁物です。
「今月ちょっとお金が足りなくなったので、キャッシングで借りよう」などと毎月のようにキャッシングを使う人は、安易な考えで借入れをするくせがついています。

こうした人たちは、そもそもどうしていつもお金が足りなくなるのか把握していないことが多いです。
そしてこういう安易にお金を借りることが多重債務の始まりとなるのです。

もちろん、こうした人たちもまさか自分が多重債務者になるとは考えていなかったでしょう。
ですが「ちょっとだけだし、給料が入ったらすぐに返すから」と何度もキャッシングを繰り返している内に、足りない分を常にどこかから借りている状態になり、自転車操業に陥ってしまうのです。

たとえば、クレジットの分割払いで大きな買い物をしたけれど、やっぱり給料だけでは返済金が足りない!だから、別のクレジットカードでキャッシングして返済にあてる、などということをやってしまいます。

ちょっと足りないだけだからその内に返せる、次で全部返そう、などと思いながらもいつまでも返しきれず、キャッシングで借りたお金を返済金にし、そのキャッシングの分も返せずに新たなキャッシングをズルズル・・・という繰り返しに陥ってしまうのです。
そして借入先がどんどん増えて、気がつけば多重債務というわけです。

要注意なのは、キャッシングは便利なものだという考えです。
銀行の預金からお金を引き出す感覚でキャッシングを利用していて、借金であるという意識が薄れているのは大変危険です。

多くの人は初めてのキャッシングの際は緊張したり後ろめたさがあったり、利用するまでに抵抗があったりしたでしょうが、何度も利用している内にその感覚を忘れて、麻痺してしまうのです。
こうなってしまう前に、安易にキャッシングを利用すれば良いという考えは捨てましょう。

続きを読む