多重債務をどうやって解決するか

頭を抱えて悩んでいる女性
日本信用情報機構のデータによると、消費者金融やカード会社から借り入れがある人は平成27年7月時点で1,100万人を超えており、その内5件以上借り入れがあるのは約14万人だそうです。
貸金業法の改正などの効果があり以前にくらべて多重債務者の数は大幅に減っていますが、それでもまだまだ多重債務に苦しむ人はいます。
多重債務が原因とみられる自殺者もひと頃に比べれば減りましたが、今でも少なくありません。

もし多重債務に陥ってどうしようもなくなった場合、「債務整理」を行って解決することができます。
債務整理にはいくつかの方法があり、「任意整理」「特定調停」「個人民事再生」「自己破産」の4つの中からそれぞれの事情に応じて選びます。

自己破産は借金がゼロになりますがデメリットも大きいので、本当の最後の手段として覚えておいた方がいいでしょう。
個人民事再生は借金の額を大幅に減額します。

任意整理や特定調停では、利息制限法に基づいて利息を計算し直すことで債務の額を減らせることがあります。
金銭の貸付けの際の金利は利息制限法により上限が定められていて、元本が10万円未満の場合は年20%、10万円以上100万円未満の場合は年18%、100万円以上の場合は年15%となっています。
この上限を超える金利で契約していた場合、上限を超えた分の利息は支払う必要が無いのです。
また、出資法により金利が年20%を超えると罰則規定があります。

特に2010年の出資法改正前は、利息制限法と出資法の金利の上限に差があり、利息制限法を超えているものの罰則は受けないグレーゾーン金利に設定している消費者金融が大半でした。
そのためこの時期から契約している借金なら、利息制限法に基づいた再計算により大幅に減額できる可能性があります。

続きを読む

親しい友人から借金を相談されたとき

頬杖をついて悩んでいる女性親しい友人から借金関係の相談があったら、どうするべきでしょう。
特にお金を貸して欲しいという相談の場合、どういった対応をとるのがベストなのでしょうか。

そういった場合には、とりあえずは話を良く聞いてあげるのが良いでしょう。
ただし、あくまでもどういう状況なのかを確認するために話を聞くことが大切です。
間違ってもいきなりお金を貸すかどうかを判断するのは避けましょう。
安易なお金の貸し借りはお互いのために良くありません。

お金を貸すことが必ずしも悪いとは言い切れませんが、お金を貸すことがその人の助けになるとは言えないのです。
たとえ友人がお金を貸して欲しいと必死に頼み込んできたり、窮乏をうったえてきたとしても、その場限りの同情や友人を失いたくないとの考えから貸してあげようかなどと考えるのはいけません。

とにかく、とりあえずは話を良く聞いてみて、浪費してお金が足りないと言うのであれば、家計を見直したり倹約の方法をアドバイスしたりするのが良いでしょう。
そして、そういうレベルのアドバイスでは手に負えない事態であれば、借金問題の専門家への相談を勧めた方が良いです。

借金が重なって素人にはどうしたら良いかわからない状態でも、専門家のアドバイスに従って債務整理を行うなどすればなんとかなるケースがほとんどです。
本当にどうしようもなくなる前に、とにかく解決に向けて手を打つことが大切です。
友人の力になりたい気持ちがあれば、あなた自身も消費者金融や債務整理に関する情報を集めてみてはどうでしょうか。
借金の整理や相談先について知っていることがあれば、伝えてあげましょう。
友人への助けは決してお金を貸してあげることだけではないのです。

続きを読む

多重債務者が読んでおきたい本

多重債務で悩んでいる人ならぜひ読んでおきたい本があります。
「マンガでわかる 貧乏脱出・借金整理 一人でできる特定調停」という本で、マンガ仕立てで債務整理についてわかりやすく書かれています。

借金を整理する気持ちがあり知識を身につけたいと思っても、法律の本というと難しいイメージがあります。
専門的な法律用語などがたくさん出てきて知識の無い人間にはまったくついていけないのではないかと、なかなか読む気がおこらない人も多いでしょう。
それにたとえ法律の本を読んでみたところで借金をなんとかできるようになるかは分からないですよね。

ですがその点、この本はまず第一に専門的知識が無い人間にも理解できるようになっています。
前述のとおりマンガになっていて、借金で困っている主人公が特定調停を行うストーリーが描かれています。
解説は中学生でも理解できる表現になっていますし、写真や図などがたくさん使われていて、とても分かりやすいです。

また、主人公が特定調停をして借金問題が解決するまでの話を追っていくことで、特定調停の実際の手続きや流れをつかむことができます。
抽象的な理論ではなくて実践的なノウハウが書かれていて、実際の借金整理で役立つ知識を身につけることができます。

債務整理のために特定調停を行う場合にとても役立つ本で、これを読めばきっと借金を整理する手助けになるでしょう。
さらに読者限定で、この本の中で紹介されている「特定調停申立書類」の書式を無料ダウンロードして利用することができます。

借金を重ねて苦しんでいる人、周りの人たちに知られることなく借金を整理したい人は必読の書です。
この本を読めば借金地獄から解放されてきっと新たな人生が開けるはずです。

続きを読む

「サポートセンター綜合コミュニティサロン」に相談してみる

多重債務や債務整理について相談できる専門機関のひとつに「サポートセンター綜合コミュニティサロン」があります。

サポートセンター綜合コミュニティサロン多重債務でどうにもならない、借金をなんとか解決したいけれどもいきなり弁護士や司法書士などの法律事務所は敷居が高くて・・・という人におすすめの無料サポートセンターです。

多重債務に陥ってしまい苦しんでる人は、解決方法についての知識が無いというケースも少なくありません。
またあちこちから借金を重ねたために人間関係が壊れてしまっていて、相談できる相手がいないことも多いでしょう。
場合によっては払わなくても済むはずの金額まで払いながら、多重債務状態から抜け出せずに1人でずっと苦しんでいるのです。
この状態から抜け出すには、専門的な知識のある第三者に助けを求めることが大切です。

「サポートセンター綜合コミュニティサロン」はこのような多重債務など借金の問題に関して専門家としてサポートしてくれる無料相談機関です。
相談者の話をよく聞き、それぞれの状況に合う解決方法をアドバイスしてくれます。
まだ他のところから融資を受けられる余地があるか、債務整理は具体的にどうやって進めるかなど、相談者の状態を確認しながら総合的に見て、専門家の見地から最善策を考えてくれるのです。

さらに基本的に相談は無料で受けられます。
多重債務でどうしたらよいか分からず苦しんでいる人は、1人であれこれ悩まずに「サポートセンター綜合コミュニティサロン」に相談してみましょう。
きっとふさわしい解決方法が見つかります。

サポートセンター綜合コミュニティサロンの情報
住所:〒101-0024 東京都千代田区神田和泉町1-6-1 インターナショナルビル702
電話番号:03-5846-1725
営業時間:月~金 面接相談 10:00~17:00 電話・Email 9:30~24:00
     土日祝 面接相談 要事前予約(10:00~17:00)電話・Email 9:30~24:00
ホームページ:http://www.sc-salon.jp/

続きを読む