キャッシングの危険性を正しく認識できていますか?

キャッシングは無計画な利用は禁物です。
「今月ちょっとお金が足りなくなったので、キャッシングで借りよう」などと毎月のようにキャッシングを使う人は、安易な考えで借入れをするくせがついています。

こうした人たちは、そもそもどうしていつもお金が足りなくなるのか把握していないことが多いです。
そしてこういう安易にお金を借りることが多重債務の始まりとなるのです。

もちろん、こうした人たちもまさか自分が多重債務者になるとは考えていなかったでしょう。
ですが「ちょっとだけだし、給料が入ったらすぐに返すから」と何度もキャッシングを繰り返している内に、足りない分を常にどこかから借りている状態になり、自転車操業に陥ってしまうのです。

たとえば、クレジットの分割払いで大きな買い物をしたけれど、やっぱり給料だけでは返済金が足りない!だから、別のクレジットカードでキャッシングして返済にあてる、などということをやってしまいます。

ちょっと足りないだけだからその内に返せる、次で全部返そう、などと思いながらもいつまでも返しきれず、キャッシングで借りたお金を返済金にし、そのキャッシングの分も返せずに新たなキャッシングをズルズル・・・という繰り返しに陥ってしまうのです。
そして借入先がどんどん増えて、気がつけば多重債務というわけです。

要注意なのは、キャッシングは便利なものだという考えです。
銀行の預金からお金を引き出す感覚でキャッシングを利用していて、借金であるという意識が薄れているのは大変危険です。

多くの人は初めてのキャッシングの際は緊張したり後ろめたさがあったり、利用するまでに抵抗があったりしたでしょうが、何度も利用している内にその感覚を忘れて、麻痺してしまうのです。
こうなってしまう前に、安易にキャッシングを利用すれば良いという考えは捨てましょう。