弁護士に債務整理を依頼する理由

電話する女性

債務整理を行う場合、弁護士に手続きを依頼すると有利な点はいろいろあります。
専門家にまかせることによる知識面・精神面での安心感やさまざまな手続きがスピーディに進むなど、弁護士費用を払うに値する理由はいくつもあるのです。

債務整理にもいくつか方法がありますが、その内の「過払い請求」を弁護士に依頼する場合の利点は、金融業者との交渉のすべてを弁護士にまかせられることです。
裁判となった場合でも裁判所に行かずに済み、手間と時間が大幅にカットできます。

「任意整理」を依頼する利点は、利息分を払わずに済むようになることです。
これ以後は元金のみを返済するという条件で金融業者と和解するため、返済した分だけ借金が確実に減っていきます。

さらに各業者への返済手続きも弁護士にまかせられるので、毎月の返済金を弁護士に渡すだけで済むようになるのも便利な点です。
また、契約状況によっては借金額が減るケースもあります。

「個人版民事再生」を依頼する利点は、手続きに必要な書類を弁護士がまとめてくれ、裁判所への提出も期限内に行われることです。
書類は大量にあるため、これを弁護士にまかせられることは手間と時間の節約になります。
また、債権者や裁判所との交渉も弁護士が行ってくれるので安心です。

「自己破産」を依頼する利点は、弁護士を代理人とすることで自己破産の申し立てをした後に即日面接が可能になります。
弁護士をたてない場合は面接まで1か月くらいかかるので、大幅な時間の短縮になります。
また申し立ては弁護士が代理で行えますが、免責が認められるために裁判官と面接を行う「免責審尋」は本人が出頭しなければなりません。
この際も弁護士が同行してくれるので安心です。