多重債務者を食い物にする悪徳業者

体育座りしてる女性あちこちから借金を重ねる多重債務に苦しむ人は少なくありません。
多重債務状態に陥ると、普通の消費者金融などからは借入れはできなくなります。
そんな状況につけこみ、窮地を救うかのように甘い言葉をかけ、悪徳業者は多重債務者に近づいてきます。
その種類は「紹介屋」「整理屋」「買取屋」などがあります。

紹介屋は他の金融業者では断られた人でも融資可能という広告で債務者を誘います。
そして自分たちでは融資はせず、別の審査が甘めの業者を紹介して、高額の紹介料を取るのです。
最初から他社を紹介するとは言わず自社で融資が可能かのように謳っているために、紹介屋と気付かず引っかかる人が少なくありません。

整理屋は債務整理をすると持ちかけて多額の手数料を取ったり、代わりに返済すると言ってお金をだまし取ったりします。
料金を受け取りながら実際には何もしないか、ずさんな整理で事態を悪化させてしまいます。
詐欺グループがからんでいたりすると、弁護士事務所を装ったり手口が巧妙なこともあります。

買取屋はチラシなどでショッピング枠を現金化と謳って債務者を誘います。
これはクレジットカードのショッピング利用限度額まで家電製品やブランド品、金券など換金しやすい物を買わせてそれを買取屋が現金で買い取るという仕組みです。
品物は安値で買いたたかれ、買取屋はそれを転売して利益を得ます。
一時的に現金は手にできますが、クレジットカードの負債が増えてしまい、多重債務状態が悪化するだけです。

また、中には世間一般では何の価値もないような偽物の宝石を高額で購入させ、「買取り業者でその宝石を売ればお金になる」と持ちかける例もあります。いずれにせよ、この買取屋が行うクレジットカードの現金化は一時的にブームにもなったことからも、消費者庁も注意喚起を促したほどです。

このような悪徳業者に引っかからないためにも、多重債務に陥ることを回避しましょう。
クレジットカードやローンの使い過ぎは多重債務の入口です。
あくまでも計画的に利用し、確実に返済できる額のみを借り、返済は短期間に済ませます。
そして返済が難しい事態になったら、信頼できる専門家に相談することが大事です。